ヒューマンドラマ系マンガ

修羅の棺のネタバレと感想・レビュー!無料でお得に読む方法も

  • コピーしました

コチラから≫

修羅の棺のネタバレと感想になります。

 

「修羅の棺」はU-NEXTで読むことができます。

初回登録時に600円分のポイントがもらえるのでおすすめです♪

コチラから≫

「修羅の棺」のあらすじとネタバレ

父が首を吊って亡くなり、警察は自殺だと言うが酒を飲まない父が酒を飲んで自殺するのか?

そもそもどうして?という疑念が晴れず他殺だと感じていました。

その後、調べていくなかで自分の婚約者が襲われ、病室で自殺未遂を図ります。

 

襲った犯人を探して出している最中に自分も襲われ、生殖器を破壊されてしまいます。

倒れているところをオカマに助けられ、男性から女性へと性転換の手術を受けます。

そこで全てに絶望し、真犯人を探しだし復習すると誓いました。

女性となり、調べていくと父の友人たちが怪しいと気が付き、少しずつ近づきじわじわと責めていき家庭を破滅させ、地位を奪い地獄へと突き落としていきます。

 

自分自身も苦しみながら、男性でも女性でもない存在として悩みながらも復讐を果たしていきます。

「修羅の棺」の感想とレビュー

「修羅の棺」は本当の意味でのハッピーエンドではないのかもしれませんが、個人的には少しでもハッピーエンドに近い終わりかただったなと思いました。

悲しいけれど、元婚約者が最後にすれ違ったときに涙を流して懐かしいと言うところは涙が出ました。

おぞましい出来事のせいで記憶を失くしてしまったが、何か心のどこかには記憶を残しているのだろうというのが伝わりましたし、主人公の心の傷を癒してあげられたのではないだろうかと思います。

 

主人公を支えて、最後まで共にいるお医者さんは結局のところゲイなのかバイセクシャルなのかが少し気になりましたが、そういう性という枠組みを越えた絆も感じられました。

私は、先が気になり過ぎて一気に読み進めていけました。

主人公の駆け引きと謎に満ちたミステリアスな感じも魅力的で、復讐に気持ちが駆られているけれど、悲しみと魅惑的な雰囲気で全体を包み込む演出がとても良かったです。

 

「修羅の棺」は何度も読み直したくなる作品だなと思いました。読み返す一層、味わいの出てくる作品でした。

他の作品も読んでみたくなり、今は別の作品を読んでいます。

ストーリー性も絵も全てが魅力的で、人を惹き付ける感じがして個人的に私はかなり好きです。

読み終わった後の喪失感と満たされる気持ちとが入り交じる感じも良かったです。

 

「修羅の棺」はU-NEXTで読むことができます。

初回登録時に600円分のポイントがもらえるのでおすすめです♪

コチラから≫

 

「修羅の棺」最新刊を含め全巻をお得に読むには?

私のおすすめは「U-NEXT」

U-NEXTがオススメの理由

U-NEXTは「31日間の無料トライアル」が付いています。
また、初回登録時に600円分のポイントがついてくるので、お好きなマンガ作品の1巻分くらいにはなります♪

またU-NEXTは、日本のマンガやアニメだけでなく、邦画や洋画・海外ドラマも豊富に扱っています。

違法アップロードされたマンガは危険です!

 

マンガのタイトルをネットで検索すると、違法にアップロードされた画像などが多数ヒットします。
「無料で見れるなら良いじゃん」と思ってしまうかもしれませんが…ダメです!

違法アップロードされたサイトに登録したり、画像ファイルをうっかりダウンロードした場合、ウイルスやスパイウェアが知らない間に入り込んで貴方のPCに悪さをする可能性があります
Web閲覧履歴が盗み観られたり、突如ポップアップが出て「貴方のPCはフリーズしました。解除するには○十万円払ってください」なんていう脅迫文が送られてきたり…。

そして何より、違法にアップロードされた画像や動画を「視聴・ダウンロード」する事自体も法に触れる行為です。

 

U-NEXTは公式の有料サービスなのでそんな心配も不要です。
高画質でCMもなく、快適に視聴する事ができます♪
私もよく、空き時間マンガや雑誌、過去放送されていたドラマなどを見ています。

31日間無料トライアルはいつまで実施しているか分かりませんので、お早めの登録をオススメします!

U-NEXT登録はコチラから≫

[popular_list days="all" rank="0" pv="0" count="5" type="default" cats="all"]

  • コピーしました

この記事を書いた人

管理人

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: