少年マンガ

ブスに花束を。ネタバレと感想

  • コピーしました

 

作楽ロク先生の「ブスに花束を。」を読んでみました。

今回は「ブスに花束を。」のネタバレと感想になります。

「ブスに花束を。」はU-NEXTで読むことができます。

 

コチラから>>

ブスに花束を。ネタバレ

主人公の田端花は、高校入学以来ずっと「ぼっち」のネガティブ女子高生。

「喪女」=モテない女子の自覚をもつ花は、毎朝早めに学校に来て、美化委員として教室の花を取り替えています。

朝早く来るのは、クラスメイトに見られてからかわれたくないから。

そんなある日、花瓶の花を髪に飾って「少女漫画のヒロインみたい♪」と妄想にふけっているところを、クラス1のイケメン男子、上野くんに見つかってしまいます!

「絶対にいじめにあってしまう…」とショックを受ける花ですが、上野くんはクラスの誰にも話してないみたい。

朝のことを秘密にしてほしくて、上野くんが一人になるチャンスをうかがう花。

でも人気者の上野くんの周りには、いつも誰かがいて話しかけるチャンスがありません。

ならば、と手紙を書いて靴箱に入れようと考えますが、なんと靴箱にも女子がラブレターを入れようと集まっていました笑

そこに上野くんが現れ、ちょうど一人だったみたい。これはチャンス!

と思ったけど、他のクラスメイトが現れて断念。

ついに放課後になってしまいます。

諦めかけたその時、上野くん自ら花の元にやってきて、「話の途中だったよね」と聞きにきてくれました。中身までイケメン!!!!

そこで「朝のことを内緒にしてほしい」とお願いをする花。

上野くんの反応は以外にも「毎朝教室の花を取り替えていたのは田端だったのか!」という感動しているものでした。

そして上野くんから「二人の秘密な!」という発言が。

まるで少女漫画みたいな、勘違いしそうなセリフ!!笑

 

ブスに花束を。感想

さて、ここからは「ブスに花束を。」の感想になります。

1〜4話を読みましたが、花の反応がいちいちかわいいです。

少女漫画みたいな恋に憧れている一方、強烈な劣等感が邪魔をして素直になれない花。

こういうマンガにありがちな、「彼のためにかわいくなる!」とかいう展開じゃなく、地道に頑張る花の姿にすごく勇気をもらいます。

 

私自身も学生時代ぼっちでネガティブだったから、すごく共感してしまう笑

上野くんは心がキレイな人だから、見た目で人を判断したりしないめっちゃイケメン。

他の登場人物も個性が豊かで、のちのち登場する恋のライバルも悪い子じゃなくて安心して読めます。

「ブスに花束を。」は、少女漫画だと思ってたら、少年漫画なんですね笑

女性のほうが共感しそうなマンガです。

 

「ブスに花束を。」はU-NEXTで読むことができます。

 

コチラから>>

ブスに花束を。最新刊を含め全巻をお得に読むには?

私のおすすめは「U-NEXT」

U-NEXTがオススメの理由

U-NEXTは「31日間の無料トライアル」が付いています。
また、初回登録時に600円分のポイントがついてくるので、お好きなマンガ作品の1巻分くらいにはなります♪

またU-NEXTは、日本のマンガやアニメだけでなく、邦画や洋画・海外ドラマも豊富に扱っています。

違法アップロードされたマンガは危険です!

 

マンガのタイトルをネットで検索すると、違法にアップロードされた画像などが多数ヒットします。
「無料で見れるなら良いじゃん」と思ってしまうかもしれませんが…ダメです!

違法アップロードされたサイトに登録したり、画像ファイルをうっかりダウンロードした場合、ウイルスやスパイウェアが知らない間に入り込んで貴方のPCに悪さをする可能性があります
Web閲覧履歴が盗み観られたり、突如ポップアップが出て「貴方のPCはフリーズしました。解除するには○十万円払ってください」なんていう脅迫文が送られてきたり…。

そして何より、違法にアップロードされた画像や動画を「視聴・ダウンロード」する事自体も法に触れる行為です。

 

U-NEXTは公式の有料サービスなのでそんな心配も不要です。
高画質でCMもなく、快適に視聴する事ができます♪
私もよく、空き時間マンガや雑誌、過去放送されていたドラマなどを見ています。

31日間無料トライアルはいつまで実施しているか分かりませんので、お早めの登録をオススメします!

U-NEXT登録はコチラから≫

[popular_list days="all" rank="0" pv="0" count="5" type="default" cats="all"]

  • コピーしました

この記事を書いた人

管理人

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: